[芸  名] 春風亭 柏枝

       しゅんぷうてい はくし

[本  名] 菊池 貴紀

 

[生年月日] 1974年6月19日

 

[出  身] 北海道札幌市

 

[階  級] 真打

 

[出 囃 子]   筑摩祭


[所  属] 落語芸術協会

[ 春風亭 柏枝ヒストリー ]

1987年 札幌市立清田南小学校を卒業

           〜本人の思い出〜小学校を卒業する頃から、クラスの中で自分よりも足の速い人が多くなって来た様な気がしだす

■ 1990年 札幌市立清田中学校を卒業

             〜本人の思い出〜高校一年の時、100mを16秒38で走りクラスの中でワースト3に入賞。

                        この時本人は、「前日の猛練習で激しい筋肉痛になっちゃって、下半身の関節が曲がらなかったんだよね」

                        と積極的にクラスメートに言い訳をして廻った

■ 1993年 北海道北広島高等学校を卒業

                         〜本人の思い出〜高校を卒業後、普通自動車運転免許を取得。80年代前半生産の真っ赤なパルサー(ディーゼルエンジン)

        を愛車にし、“真っ赤なポルシェ”と名付ける。ディーゼルエンジンなので信号待ちからのスタートダッシュは大概負けるため、

        長距離をゆっくりのんびり走るのが好きになる。この頃から、「人と競争をしない方が身の為だ」と思いはじめる

           (ちなみに大学2年の時、友人数人にこの“真っ赤なポルシェ”を的にしてサッカーボールでシュート練習をされキレたことがある。

                         運転をしながら窓を開けて「やめろぉ!やめろぉ!!」と叫ぶ様を見て笑っていた友人達のその理由は、「“真っ赤なポルシェ”

                         が逃げれば逃げる程練習になっていた為」)

■ 1997年 札幌学院大学を卒業

                        〜本人の思い出〜当時流行していたフリーターとして人生を謳歌する。

                        そんなある時、居酒屋でたまたま同席した人に「あんたそんなことばっかりやってたら集団行動が全く出来ない男になっちゃうよ」

                        と諭される

■ 2001年 七代目 春風亭柳橋に入門 春風亭べん橋となる

                         〜本人の思い出〜大学を卒業して以来一度も就職をしなかったため、「やっとやる気になったか!」と両親に喜ばれる

                       (ちなみに落語家になった理由は、「居酒屋でたまたま同席した人に諭されたから」ではない)

■ 2004年 師匠没後柏枝(現 柳橋)門下へ

                        〜本人の思い出〜ネット上で「次の柳橋は誰がなるのかね?」という話題で「オレ、べん橋がなったら落語ファン辞めるね」

        と書き込んであったのを見て、落語ファンを嫌いになる

■ 2005年 6月 二ツ目昇進

                        〜本人の思い出〜落語ファンを嫌いなまま名前を変えずに“べん橋”

■ 2013年 第3回城源寺二ツ目選手権優勝

                        〜本人の思い出〜会場に来て下さったお客様の投票によって決まったため、落語を見に来てくれるお客様を好きになる

■ 2014年 5月 真打昇進「八代 春風亭柏枝」襲名

                      〜本人の思い出〜現在、お客様を嫌いにならずに好きなまま進行中